今回紹介するのは
前回【4話】の続き


とあるキツネ耳わんこ その4 短編5話 2


-前回までのあらすじ-

ツヤツヤな毛並み
それは触る者みなを魅了する動物フェロモン
触り心地に酔いしれた者は
頭をなでなでしたくなる衝動に駆られるのである


【More...】


とあるキツネ耳わんこ その4 短編5話 1


うp主から一瞬でビーフジャを奪い
しがみ付いてドヤ顔をする白コロネ(仮)


ぐぬぬぅ

『ぐぬぬ…』

だが、しがみ付いて来たという事は
この状態で次の攻撃は避けられまい!
さぁ、くらうがよい( ・´ー・`)


とあるキツネ耳わんこ その4 短編5話 2


なでなで(*´・ω・`*)

あぁ…この肌触りのよい毛並みは最高だ(´∀`*)


とあるキツネ耳わんこ その4 短編5話 3


さて、なでなでして気持ちがよくなった所で
次はビーフジャを細かくして小粒で勝負だ(`・ω・´)

この小さくなったビーフジャを投げて
キャッチ出来なかったところをプギャーする作戦だ
小粒を捉えられずに困り果てるがよい( ´艸`)

それでは……ポーイ(´▽`)ノ⌒⑩


とあるキツネ耳わんこ その4 短編5話 4

(がぶっ)


なんだっててて


投げる瞬間を喰った…だと!Σ(゚Д゚;)


とあるキツネ耳わんこ その4 短編5話 5

(ガジガジガジガジガジ…)

普通のワンコなら投げてから喰らい付くはずだが
このワンコは普通のワンコではない事を忘れていた(;・`д・´)
まさか投げる瞬間を喰らい付くとは…


フリーザ 少し痛かった


これは…本気を出して遊ばないと
こっちが殺られる!(;・`д・´)



-次回予告-

ついに本気になったうp主が白コロネ(仮)を襲うが
白コロネ(仮)の真の力はこんなものではない事に
この時のうp主はまだ気づかなかったのであった
はたして、白コロネの真の実力とは!


短編6話へ続く


関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://leonhalk.blog2.fc2.com/tb.php/3279-faab87e5